小さいころからたくさん学ばせよう

なぜ未就学児がいいのか

絶対音感を持っていれば、音楽の才能を伸ばしやすくなります。
生まれつき絶対音感を持っている人もいますが、ほとんどの人は持っていません。
ですが小さいころから習わせれば、自然に身に付けることができます。
子供が小さいうちにたくさん音楽に触れさせてください。
大きくなってから音楽を習っても、うまく知識や技術を習得できません。
おすすめは、未就学児の時期です。
音楽を中心に習わせていれば、才能をスムーズに伸ばせるでしょう。

小さいうちは、子供の自主性を尊重することが重要です。
親が無理やり教室に通わせたり、音楽に触れさせても才能は伸びません。
絶対音感も身に付かないので、注意してください。
子供から、積極的に音楽に触れることが大切です。
進んで子供が音楽を勉強したくなる、環境づくりを意識しましょう。
教室選びも大事ですね。
楽しく学べる教室だったら、子供は音楽を好きになってくれると思います。
強制的に勉強させるような教室は、絶対に選択しないでください。

自宅でも、予習や復習をすることを心がけましょう。
教室では勉強できる時間が、限られています。
1週間に短い時間授業を受けただけでは、絶対音感を身につけるのが難しいです。
自宅で習ったことを復習することで、内容を確実に理解できます。
音楽に触れている時間も長くなるので、絶対音感が身に付くでしょう。
親と一緒に楽器を弾いたり、歌を歌ったりするといいですね。
親が積極的だと、子供も積極的になれます。